トラットリア・アルコバレーノ  その後の隠れ家ストーリー!


by larcobaleno

健康志向も度が過ぎると・・・

おはようございます。中村です。

== 本題に入る前に ==

  1.鎌野易裕(シェフ)は健康主義者である。
   (毎朝持参する粉末状の青汁をスタッフの目の前で飲むことが日課である)
  2.アルコにはまかないように色々な調味料がある。
   (ほんだし・かつお節・コチュジャン・XOジャン・誰も読めないインドのスパイス等)

== それでは本題へ ==
2/21 20:30pm営業中、コーヒーマシーンの前でうずくまってっている者がいる。
NANAである。『お腹が痛いよぉぉ~o(´^`)o』
真っ青な顔をしているので早退させた。

営業終了後、スタッフの顔色が皆良くない。ナゼ?(ー_ー;)ゞ
話し合った結果、最近のまかないが原因であることに気がついた。

【最近のまかない】
『マーボー豆腐』 『マーボーパスタ』 『ビビンバ』 『ナムル』など名前だけ聞くと
なんとも贅沢なまかないである。
しかし、すべての味付けが辛すぎたのである。食事のたびにシェフは言う
『辛いものは発汗作用があって、食欲増進効果もあるから体に良い』・・・・・と

シェフ以外は皆辛いものに弱い。冷ましたり、お酢を加えたりと皆工夫して食べていた。
・・・が私と田崎、鈴木の3人は胃がキリキリしている(×。x)

健康志向も度が過ぎると逆効果に・・・・皆様気をつけてください。

翌日、NANAは元気な顔でいつもどおり奇抜な格好で出勤しました@^▽^@
[PR]
by larcobaleno | 2006-02-22 09:50